月別アーカイブ: 2016年6月

AGA治療をする上で自毛植毛という選択肢も考慮しておこう

Published / by admin

代表的な自毛植毛にはFUT法とFUE法、アルタス植毛があります。FUT法とは髪の毛を毛包単位で移植することです。人間の髪の毛は1つの毛穴から1本だけ生えているわけではなく2本~3本生えています。この1つの毛穴に生えている全ての髪の毛を毛包と捉え、皮脂腺や立毛筋もまとめて植え付けます。熟練した医師が行うと髪の毛の定着率が95%にもなり、見た目も自然なのが特徴です。それまではニードル法といって1本1本髪の毛を植え付けていたので、FUT法は植毛技術を大きく発展させました。植毛では高密度に植え付けることで、薄毛を隠すことができます。FUT法はドナーを採取し株分け、植え付けを全部手作業で行うので、医師が密度が十分でない場所を確認してピンポイントで植えられます。ただし髪の毛の定着率を上げるために、それぞれの作業はスピーディーに行う必要があります。ドナーを毛包単位にするために最新の顕微鏡を使ったり、人を増やしたりと設備や人件費にお金がかかります。費用を負担するのは患者ですが、設備と人材を集めるのはクリニックなので、ある程度規模が大きくないと取り扱っていません。傷跡はドナーを採取する時にできますが、髪の毛が少し伸びた時点で目立ちません。トリコフィティック縫合という傷跡を目立たせない縫い方を行うクリニックもあります。FUE法は、ドナーを採取するのにメスを使いません。頭を切開しないので傷跡に残らないというメリットがあります。FUE法では専用のくり抜きパンチがあり、1mmほど頭皮を削ることでドナーを採取します。傷は非常に小さいので、自然治癒力を利用すればすぐに塞がります。ドナーはFUT法と同様に毛包単位なので定着率が高いです。メスを使わない分、手術という感覚が和らぎ、植毛へのハードルが下がります。しかし経験や実力のない医師が、パンチを使ってドナー採取を行うと、毛根を切断することがあります。毛根が切断されれば髪の毛は定着することはありません。元々定着率の高い施術方法でも、医師によっては無駄なドナーを量産する可能性があります。自毛植毛なのでそれらは全て自分の大切な髪の毛です。失敗が続けば、薄毛にならない部分でも繰り返されるドナー採取によって周囲からは抜け毛が多いように見られます。よって広範囲の薄毛で2000本以上も採取しなければならない手術ではリスクが高いです。気軽に受ける植毛として、まつ毛や眉毛で行うことが多いです。アルタス植毛はFUT法とFUE法のそれぞれの良い面を利用した方法です。アメリカで開発されたアルタスというロボットを使います。CCDカメラを搭載しており、髪の毛の密度や本数、角度などを分析することで、ドナーを正確に採取します。採取した部分が不自然に薄毛にならないように、適度な間隔を保ちます。メスを使用しないで、テンショナーという装置で皮膚を引っ張り、専用のニードルでドナーを採取します。伸ばした皮膚を戻すと傷跡は1mm以下なので自然と修復できます。アルタスは後頭部からドナーを採取するために毛包を剥がし上部に引き上げる作業に利用され、ドナーを完全に引き抜いて採取したり、植えつけたりするのは人間の手作業です。数年前まではドナー採取から植え付けまでをロボットで行うクリニックもありましたが、髪の毛の定着率が悪かったので最近は見かけなくなりました。アルタス植毛では、肝心な作業を人間が行うので高い定着率をキープできます。アルタスは1時間に500株も採取できます。医師は1人で1時間60~220株程度なので、時間と人件費の節約になります。労働力が足りていないクリニックに導入されることや、技術力のない医師のサポートをすることに期待がかかっています。アメリカの厚生労働省にあたるFDAでは、アルタスの毛根切断率は7%なので、一般的な医師よりも貴重な髪の毛を無駄にしません。アルタスは本体価格が何千万円もするので、クリニック側はアルタス植毛を高額に設定することで、初期投資を回収してきました。最近は植毛手術をする人が増えたので、およそ50万円で施術ができるほど安くなっています。またロボットの性能をアピールするために、モニターを募集しています。モニターになればさらに安くなるため、費用が高いとされる自毛植毛も気軽に受けられます。アルタスは最新のロボットなので、日本のクリニックには導入されていないことが多いです。ごく一部のクリニックでしか受けられないので、植毛手術のために遠方まで足を運ぶことになります。植毛手術は薄毛の状態や費用の説明など、カウンセリングをきちんと行って手術を行います。クリニックに行くのは手術の日だけではないため、交通費が高くなります。万が一不具合が生じれば、再び手術を受けたクリニックに相談するので、患者にとっては手間がかかります。医師の技量を心配しないで、メスも使いたくない人にはおすすめの方法です。