男性ホルモンが原因のAGA対策のやり方。プロペシアとミノキシジルは抜け毛予防と発毛効果が実証された薬!

AGAは悪玉の男性ホルモンが原因で起こる脱毛症で特に男性によく起こり得る症状です。抜け毛が促進される脱毛症ですので進行していく可能性が高く、ハゲた状態まで脱毛をしてしまう恐れがあります。
この脱毛症に対抗する手段としてはプロペシアとミノキシジルを使用する方法があり、いずれの薬も有効性が実証されています。抜け毛をストップさせたり発毛を促す作用が認められておりAGAを治すための有効な手段として治療の際にも利用されているのです。それぞれの薬は異なる作用を持ち、併用することで大きな効果を発揮させることができます。
プロペシアの効果は脱毛を抑制することです。AGAは脱毛促進物質が増加することで発症する症状ですが、その根本の物質はDHTと呼ばれています。DHTは男性ホルモンと還元酵素が結合して誕生する脱毛の主要原因です。DHTが増加することでヘアサイクルが乱れてしまいますので、髪が正常に育たなくなり抜け毛の増加を促進します。当然発毛もしにくくなるためにやがてはハゲた状態まで進行することがあります。
そこで有効なのがプロペシアなのですが、DHTを生成させないようにする働きがありますので、ヘアサイクルの乱れを抑制して抜け毛の抑制及び発毛を促すことができるのです。人によってはこの作用だけで生えてくることもあり、プロペシアのみで回復傾向が見られることもあります。
一方のミノキシジルはまた違った作用を持っており、こちらは発毛を促進させる働きがあるのが特徴です。そしてプロペシアのような抜け毛を抑制する働きはありません。あくまでも発毛を促すための成分ですので単独で使用しても脱毛を抑制することは難しいのです。
ミノキシジルの優れているところは強力な血行促進作用ですが、血管を拡張する働きを持っているがために高い効果を発揮します。従来の育毛成分は血行を良くする働きに留まっていましたが、ミノキシジルは血管を拡張して血液の流れを強力に促進することができる成分ですので段違いの効果があり、生やす力も高い成分なのです。
両者にはこうした作用があるのが特徴でAGAを改善するための強力な手段として扱われています。事実、これらの薬を利用したことで多くの人に抜け毛の減少や発毛効果が確認されていますので、従来の対策法と比較をしても次元の異なる効き目があるのです。
ただ、注意したいのがいずれも副作用を持っている薬ということです。どちらも医薬品であり副作用のある薬ですのでむやみに使用するのも良くありません。特にプロペシアの場合は服用するタイプの薬ですので副作用が出てしまう可能性が低くなく、また、症状としても重いことがあります。さらには後遺症が残る可能性もあると言われていますので、服用をやめても何らかの症状が続いてしまうこともあるのです。
効き目が高い一方でリスクもある薬でもありますから、使用する際には医師にきちんと相談をすることが大切と言えるでしょう。

aga東京クリニック.xyz